「風水」をトイレに取り入れて金運をアップさせる方法を徹底解説

風水にとってトイレは、家族の健康や金運を大きく左右するとても重要な場所の一つです。風水を暮らしに取り入れようとして最初にトイレを思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか?

特に金運はその効果が絶大で、『お金持ちの唯一の共通点はトイレが綺麗であること』と言われているほどです。

けれども風水を活用するとしてもどうしていいか分からない、もしかしたら知らないうちにやってはいけないNGなことをしているかもしれません。

今回はそんなトイレにまつわる風水について徹底解説をしていきますのでぜひ参考にしてみてください!

そもそも風水ってなに?


風水は5000年以上前の古代中国で考え、生み出された環境学、思想になります。山や海といった自然、そして人工物である建物にはそれぞれ気が存在しています。この気を方位やインテリアでコントロールして整えることで自然と良い運気を招くことができます。

社会的に成功している人や運が良い人というのは知らず知らずに良い風水の影響を受けていることが多く、反対に何をしても上手くいかない人の家は悪い運気を引き寄せる風水となっていることもあります。

あのヨン様もトイレで成功!?トイレを大切にしている有名人

トイレを大事にしている有名人のエピソードというとビートたけしさんやタモリさん、福山雅治さん、経営の神様と言われているパナソニックの松下幸之助さんなどが有名ですね。

他にも韓流ブームのきっかけにもなった冬のソナタのヨン様にもトイレ掃除から成功したエピソードがあります。

実は冬のソナタの主演男優はもともと別の人だったんです。ですが初回の撮影のときにその人が体調不良でこれず、監督がどうしようかと悩んでトイレにいったそうです。

そこでトイレ清掃のバイトをしていたヨン様を見かけて声をかけたことがきっかけで主演起用が決まったとのこと。

そのため韓国ではシンデレラボーイとしてとても幸運な人だと言われているんだそうです。

トイレには神様が住んでいる?!

昔、トイレの神様という曲が流行っていましたが、そこの歌詞にもある通りトイレを大事にすることでトイレの神様からの加護を受けて願いが叶ったり、美人になるといった言い伝えも多くあります。

ではトイレの神様ってどういう神様なのかといいますと、弁財天(べんざいてん)と烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)という神様になります。

弁財天は馴染みがある人も多いと思います。七福神の一柱で紅一点のとても綺麗な神様です。

弁財天は財という漢字が入っているように金運や商売繁盛、また子孫繁栄、恋愛成就のご利益がある神様です。

さらに音楽や絵画など芸術にも縁のある神様ですので、作曲家やイラストレーターといったクリエイターの方にとっても良いご利益があります。

そしてトイレの神様のもう一柱は烏枢沙摩明王です。難しい漢字が多く、あまり見慣れない名前かもしれませんが、厠(トイレ)の神様になります。

烏枢沙摩明王は火の神様でもあり、不浄を炎で焼き払い浄化する力があります。悪い運気や気持ち、欲望を浄化することで厄を遠ざけてくれます。

また、受胎祈願としてもご利益があるので、子宝がほしい方が烏枢沙摩明王に祈願して、トイレを綺麗にするというのも有名だったりします。

ちなみに烏枢沙摩明王には母胎の赤ちゃんの性別を男の子に変える力があると言われ、
戦国時代には男子の跡継ぎを望むため強く信仰されていました。

烏枢沙摩明王には真言(唱えるとご利益がある言葉)というものもあり「オン・シュリマリママリ・マリシュシュリ・ソワカ」と唱えると汚れを浄化して金運が上がるご利益があると言われています。

トイレの風水で開運するために絶対にやったほうが良いこと

風水で開運するには一にも二にも掃除をして綺麗に保つことです。風水では、家をキレイにすることは開運の基本であり、いくら縁起の良いものを置いても場所が汚れていたら逆効果になってしまいます。

普段からの使い方もキレイにするのはもちろん、定期的に掃除をすることを習慣にしていただくことで、開運につながっていきます。

また、必ず用を足したらトイレの蓋をすることをしましょう。
冒頭でもお伝えしたお金持ちの共通点ですが、実はトイレをキレイにしていることと、トイレの蓋を閉めていることが挙げられます。

トイレというのは厄を落とす場所となります。どんなにキレイに使っていてもその水は厄を落とした汚水となるため、そのままにすると悪い気が拡散していきます。そこでトイレの蓋を閉めることで拡散しないようにしているんですね。

あとはマンションとかだと少し難しいですが窓を空けて換気をすることも重要です。風を通したり換気扇を使うことで悪い気がこもらないようにしましょう。

他にはトイレの厄を他の部屋に持ち出さないようにスリッパやマットなどもきちんとトイレ専用のものを用意しましょう。もちろんスリッパやマットも汚れてしまうと運気が下がってしまうので、定期的に洗ってキレイにしていきましょう。

トイレには何を置いたら良い?

トイレの風水はどうしても面積が狭く、凝ったインテリアは難しいですよね。

そこで飾りやすくて運気もアップできるおすすめ風水アイテムが観葉植物です。

トイレは五行のうち「水」と「金」の強い場所となります。そうすると「火」と「木」が弱くなってしまうので、木の要素を追加します。(木自体を強めることで、火の燃料を増やし相乗して火も強くなります)

トイレの風水におすすめな観葉植物

パキラ

商売繁盛のご利益がある植物です。トイレの風水で特に金運アップを重視するならイチオシの植物になります。悪い気を断つ効果もあるので、風水でもとても人気があります。
乾燥にも強く、そこまで水を頻繁にあげなくていいので、初心者でも育てやすい観葉植物になります。ただ、寒さにはそこまで強くないので、トイレが5℃以下にまで冷える場合は、次におすすめするガジュマルのほうを飾ってみましょう。

ガジュマル

ガジュマルは邪気を払う植物として有名です。幸せを呼ぶ樹という愛称も持っており、金運アップだけでなく、恋愛運もアップしてくれます。
先程紹介したように、寒さにも強い植物なので、冬場冷え込んでしまう場合は、ガジュマルを飾って良い運気を取り込んでいきましょう。

サンスベリア・ゼラニカ

サンスベリア・ゼラニカは浄化の効果が高く、恋愛運や仕事運アップの恩恵がある植物です。金運よりもそちらを重視したい場合は、サンスベリア・ゼラニカを飾るのをおすすめします。こちらも育てやすい植物ですが、ジメジメさせすぎると根腐れしやすいので、どちらかというとお水をあげすぎず乾燥気味で育てていきましょう。

風水で植物を置く場合は、枯らさないように注意!枯れたまま飾ってしまうと悪い気が増えてしまいます。

風水的にトイレは何色がいい?

トイレの風水で活用したい色は基本的に暖色系です。おしゃれなので青色を使いたくなることもありますが、そうすると水の気が強くなってしまい、バランスが悪くなってしまいます。どうしてもという場合はワンポイントのアクセントカラーとして使うのが良いですね。

トイレの風水におすすめな色

黄色
風水で黄色といえば金運アップの色です。便座のカバーやスリッパ、マットなど黄色で統一することができるとより金運上昇のご利益が狙えます。

ピンク
ピンクは恋愛運に強い色になります。彼氏ともっと仲良くなりたい人、片思いをしている人はピンクを取り入れていくと関係が向上していきます。もしこれから出会いを求めたい場合はピンクもいいですが、オレンジにするとより効果があります。

ベージュ
土の気を持つベージュは調和や安定感を持つ色になります。今の幸せをより長く続けていきたいといった場合は、ベージュを取り入れていきましょう。また、土は金を産むことから金運アップにもつながっていきますので、黄色がうまくはまらない人にもおすすめです。


紫は火の気を持つ色になります。仕事運や出世運にも影響があるので、仕事で成功したいという人は紫のカラーを取り入れていくのをおすすめします。

香りの風水でより効果をアップしていく


トイレといえば芳香剤をお使いの方も多いと思います。香りにも風水の効果があり、ここも意識していけるとよりご利益がでてきます。

ただ、匂いを打ち消すためだけに芳香剤を使ったり、強すぎる香りは運気を下げてしまうので、やりすぎずほどほどに取り入れていきましょう。

風水として取り入れるのでしたらオレンジやグレープといった柑橘系が金運アップの香りとして効果があります。他にもヒノキの香りは健康運、恋愛運ならローズ系の香りがオススメです!

トイレの風水でNGなものは?

トイレにはあまりモノを置かないほうが良いですが、特に置いてはいけないものを3つご紹介します。

本、本棚

基本的にトイレは厄を落とす場所なので、長時間いると体に厄が溜まってしまいます。ですので、長居をする原因になる本などは置かないようにします。

トイレだと集中できる、落ち着くという人もいるかと思いますが、用が済んだら早く出てしまい、リビングなど別の部屋でくつろぎましょう。

家族や好きな人の写真


先程トイレに長居をすると厄が溜まってしまうとお伝えしましたが、それはたとえ本人でなくても写真といった間接的なものからでも起こってしまいます。

家族写真であれば一家全員の運気が下がってしまったり、好きな人の写真ならすれ違いが多くなり最悪別れてしまうということもあります。ですので、人の写真はトイレには飾らないようにしましょう。

カレンダー


カレンダーもトイレには飾ってはいけないものになります。カレンダーにも厄が貯まるので、それを見て立てた予定は縁起が悪くなります。トイレの壁には基本的にモノを飾らないよう注意していきましょう。

トイレの風水まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はトイレにまつわる風水についてお伝えしてきました。トイレは普通の部屋と比べても狭く、また厄落としの場所であるがゆえに難しく感じる部分も多いエリアです。

しかし次の3点を意識しておくだけでも金運をはじめとした開運効果が望めます。

  • 定期的に掃除をしていつもキレイに使う
  • 小さなものでも効果の高い観葉植物を置く
  • 写真やカレンダーなど余計なものは置かない

兎にも角にも風水でいちばん大事なのはキレイに使い続けることなので、まずは丁寧に使うことから始めていきましょう。