【無料占い】四柱推命で自分は何の星?生年月日だけで分かる命式の見方・調べ方を教えます!

こんにちは!四柱推命鑑定師のりゅーぜんです!

今回は的中率の高く占いの帝王と呼ばれている四柱推命を、初心者でもカンタンに占える方法について解説していきます!

 

そもそも四柱推命とは?

東洋の占術の1つで、並外れた的中率を誇る占いです。その理由は統計をもとに導き出されたものだからこそで占いという面だけではなく、統計学という側面も持ち合わせています。

あなたが生まれた日からあなただけの命式を作り、それを読み解くことでさまざまなことがわかります。あなたの本質や性格、運気の流れ、天職、恋愛の傾向、人との相性、仕事運、健康運、など人に関わる全般を占うことができます。

その的中率の高さから、表立っては出てきませんが上場企業の人事や経営でも四柱推命鑑定を取り入れているところがいくつもあるほどです。経営者や芸能人、政治家など数々の成功者や社会的地位のある人たちを影から支えているものなんですね。

時間もかからず無料で分かるので、四柱推命に興味があるなという人や、手っ取り早く自分の性格や適職が知りたいという人にオススメです。

四柱推命は統計学をベースとして作り出された占いでその的中率の高さから「占いの帝王」と呼ばれています。本当によく当たるため、経営者や芸能人にも愛好者が多い占いですが、その分、占うのが難しい占術でもあります。

無料で調べられるサイトもいくつかありますが、パッと見てもどういうことを言ってるのかよく分からないという人も多いかと思います。ですので、今回は初めての方でもスグに読みとけるように、四柱推命の中でも特に重要な5つのポイントに絞ってお伝えしていきます。

1.自分の命式の調べ方

四柱推命では自分の生年月日から鑑定に必要な情報をまとめた表「命式」を出します。下のリンクら無料で四柱推命の命式が調べられます。

自分の命式の調べるページはこちら▼

https://chi92.suinavi.com/

1.生年月日と性別を入力します。

四柱推命の命式に必要な生年月日の情報を入力していきます。
※生まれた時間が不明の場合は空欄のままでOKです

2. 「鑑定する」ボタンを押します

入力が終わったら「鑑定する」ボタンを押します。

3.必要な情報を見ます。

 

出てきた表から、「日柱の干支」「月柱の蔵干通変星」「日柱の蔵干通変星」「十二運星」「運勢エネルギー」を控えておきます。

お子さんの命式を見るときや、まだ20代になっていないという人は「年柱の通変星、蔵干通変星」も影響が大きいから一緒に控えておきましょう!

動画でも命式の出し方を解説

 

2.生まれ持った本質と人生のテーマが分かる!日柱の干支を見てみよう

まずは日柱の干支(かんし)の左の漢字を見ます。ここではその人の生まれ持った本質、一番ベースになる部分を表します。いきなりよくわからない漢字が出てきてますが、これは自然界を表す5つの要素【木・火・土・金・水】がありさらにそれぞれが【陽と陰】に分けたものになります。ですのでそれぞれが表す身近な自然物を紐付けると理解しやすくなるかなと思います。

甲(きのえ)+木

自然界で表すと・・・樹木 大木
キーワード【責任感 正義 勇敢 向上心 生命力 プライド】

樹木の様にまっすぐな人が多く、仕事も恋愛もストレートに突き進んでいきます。気品があり、高貴な振る舞いをし、あっさりとした性格で気まずいことがあっても後にひかないので、人望もあります。一見、大木のように強そうな印象もありますが、一度挫折すると立ち直るのに時間がかかる面もあるので自分の中のSOSにはしっかりと耳を傾けると良いタイプです。

乙(きのと)-木

自然界で表すと・・・草花 野草 ツタ
キーワード【やさしい 柔和 謙虚 控えめ 世渡り上手】

何事においても柔軟性がある姿勢をもち、一歩下がってサポートにまわるタイプです。団体行動が得意な性格で、人付き合いも良いです。恋愛でも優しく気遣いができるので、一緒にいる相手に安心感を与え、誠実な恋愛をしていくことが運気にも影響していきます。表には出しませんが、実は好き嫌いがはっきりしているところもあります。

丙(ひのえ)+火

自然界で表すと・・・太陽
キーワード【決断力 行動力 情熱的 華やか 目立つ 明るい】

太陽のイメージどおり、人を選ばず周囲をわけへだてなく明るくする人です。行動力バツグンで直感力も優れており、カリスマ性もあるので、リーダー的ポジションに収まりやすいです。恋愛でも華やかな丙の人は誘われることも多く、モテます。ただ、気分屋なところや一番でないと気がすまない面もあり。

丁(ひのと)-火

自然界で表すと・・・月
キーワード【穏やか 静か 控えめ 慎重 落ち着き】

親切丁寧で人望の厚い人が多いです。月のように自分ひとりで輝くというよりは誰かと合わせることでより自分が輝くという性質があるので、人のために行動すると良いです。恋愛面はクールに見られがちですが、好きになるとのめり込みやすいところもあります。あと丁の女性は特に美人な人が多いです。

戊(つちのえ)+土

自然界で表すと・・・山 岩石
キーワード【包容力 寛大 信頼 責任感 おおらか】

イメージである山のように自分からは動かなくても、人が自然に寄ってくる魅力の持ち主。アイドルに持っている人が多いとも言われている。社交性もあり、組織づくりが得意でもあります。恋愛では好きな相手ほど素直になれない面もあので、自分の気持ちに正直になるのもよいです。

己(つちのと)-土

自然界で表すと・・・畑
キーワード【親しみやすい 柔らかそう 物静か 地道 家庭的】

義理人情に厚く、人を裏切ったりすることがない性格。後輩の面倒見もよく、教育関係で成功しやすい特徴がある。畑の種まきのように事前準備を大切にすると運気アップにつながる。恋愛では特に女性は家庭的な雰囲気にあふれるので、男性からのアプローチが多くなります。

庚(かのえ)+金

自然界で表すと・・・鉱石 刀剣
キーワード【剛健力 強い正義感 タフ 大器晩成】

チャンレンジ精神が強く、一度やると決めたらずっとやりきる力があります。リアリストな面も強く、感情に左右されずにしっかりとした判断を下せる強さもあります。恋愛では刀なので、上手に使いこなしてくれる相手とうまくいきやすい傾向にあります。また女性は刀のように磨かれて美人になる人が多いです。

辛(かのと)-金

自然界で表すと・・・宝石
キーワード【柔らかい 美しい 繊細 優雅 原石】

宝石が表す通り、美的センスの高い人が多いですが、原石の磨き方次第で人生が大きく変わります。そのために目標に向かって諦めないで続けることが重要になってきます。恋愛では辛の人は自分がしたことで相手が喜んでくれることを一番に望んでいるので、優しく素直な相手との恋愛が上手く行きやすいです。

壬(みずのえ)+水

自然界で表すと・・・大河・海
キーワード【流動 寛大 スケールが大きい 清濁併せ呑む 柔軟】

水が器によって形を変えるように、柔軟性に富み、発想力も豊かなタイプです。先見性があり、変化や情報にも強いので、経営者に向いている特徴があります。普段は穏やかですが、怒ると荒れる海のように手がつけられないところもあります。恋愛をするとそれが一番になる傾向があり、仕事などもそちらに引っ張られやすいので注意が必要です。

癸(みずのと)-水

自然界で表すと・・・雨 
キーワード【あたたかい 母性 愛 おとなしい 純粋】

降り注ぐ雨のように変幻自在で、自分をベールで覆い隠す特質がある。コツコツと積み重ねることが得意な人が多く、継続していくことが結果に結びつく環境が合っている。恋愛では相手に愛情を注ぐタイプで、上手くいっている間は良いのですが、相手が依存してきたり、感謝が薄くなると良い関係とは言えなくなってしまいます。

甲乙は契約書で目にしたことある人も多いかと思います。日を10日ごとのまとまりで数えるための言い方として使われていて、あとは余談だけど鬼滅の刃のアニメでも出てましたね。鬼殺隊の階級も10段階に分かれていてこの十干が使われています。

干支の季節から人生テーマを見る

 

今度は、先ほどとは反対に日柱の干支(かんし)の右の漢字を見ます。ここでは十二支が示す春夏秋冬、季節ごとのテーマを調べてみましょう。このテーマは自分がやりたいことにも通じてくるので意識して生活すると、より人生が生きやすくなります。

十二支は年賀状とかでも馴染みがあるから分かりやすいかな?昔は方角や時間を表すのに使っていました。

春(寅卯辰)

春の人のテーマは恋愛です。恋すること、ときめきを大切にすることが人生で大切だと無意識的に感じていて、恋が絡むことになるとより頑張れます。例えば仕事であれば出会いが多い職場ほど張り切りますし、単にお金を稼ぐではなくて、何かしら恋愛に結びつくから頑張れます。趣味であってもスポーツであればモテるスポーツを選ぶ傾向にあります。人同士の恋愛でなくても、自分がときめくもの(小物やアクセサリー)に囲まれてるだけでも幸せを感じます。

夏(巳牛未)

夏の人のテーマは運動・営業です。運動できること自体に喜びを感じる人なので、いくつになってもスポーツができるように体のメンテナンスを整えていくことが充実した充実した人生を送るポイントになります。営業についても単純な営業という職業についていることもそうですが、それ以外でも自分が好きなものやオススメしたいものを誰かに広めていき何かしらの対価(言葉によるお礼でも)を得ることが充実感につながっていきます。

秋(申酉戌)

秋の人のテーマはお金です。お金を稼ぐこと、お金の価値を大切にすることが幸せにつながっていきます。単純にお金大好き!というスタンスでも十分幸せですが、お金が生み出す価値に目を向けていき、自分への投資や将来への資産のための投資についても考えるとより良いかと思います。

冬(亥子丑)

冬の人のテーマは勉強です。自分の就いているお仕事についての勉強や興味のあることを勉強していくことが運気アップにつながります。また、何をするにしても下調べをせずに行動してしまうと後悔しやすいタイプでもありますので、必ずリサーチをしてから動くとよいでしょう。

3.自分は何の星を持っている?あなたの性格・才能・適職が分かる通変星を見てみよう

 

 

次に見ていくのは通変星になります。通変星は全部で10個あり、それぞれ2つずつのペアで5つのカテゴリーに分かれます。

  • 自立の星【比肩・劫財】
  • 遊びの星【食神・傷官】
  • 人脈の星【偏財・正財】
  • 行動の星【偏官・正官】
  • 知性の星【偏印・印綬】

星ごとに強みや特性が違い、さらにどの位置に属するのかによって影響力が変わってきたりもします。ここでは、主星と自星の影響力の高い2つの星にのみ視点を合わせて見てみましょう。

月柱にある蔵干通変星は主星と呼びオフィシャル(仕事や学校など公の場)なときの自分を表します。

日柱にある蔵干通変星は自星と呼びプライベート(家族や仲の良い友達、恋人といる場)なときの自分を表します。

比肩(ひけん)/自立の星

職人気質でマイペースな努力家

キーワード【自分看板、職人気質、努力家、自分の軸がぶれない、自分に負けたくない、一人の時間が好き、友達想い、尊敬する人の話以外は聞かない、ペースを乱されたくない、フリーランスで活躍できる】

比肩は自立の星で、自分の力でやり遂げることに達成感を感じる人です。周りからの称賛で満足することはなく、自分が納得する所までどこまでもやり続けて貫く意志の強さがあります。そして自分の世界というものをしっかりと持っていて、自分がやりたいこと、好きになったことは、誰に言われるでもなくひたむきに取り組みます。

そんな星なので、自分のペースを乱されることを何よりも嫌いますし、尊敬する人の話以外は聞かない、他人を束縛することはないが自分が束縛されることをありえないと思っています。独立してフリーランスでも活躍できる能力がある星なので、無理して組織に属し続けることよりも、本当にやりたいことのために独立してフリーランスで働くことが成功への近道になります。

また、比肩は「肩を比べる」と書くように負けず嫌いも相当強いですが、一番重要なのは自分が納得できるかなので、本当の敵は自分だと思っており、そのストイックな姿勢はアスリートの世界、特に個人競技でも発揮されます。

そんな比肩ですが、喧嘩っ早いということはなく、自分の考えと違うことを強制されたり、自分のやりたいことを阻害されなければ、人とぶつかることはありません。むしろ友人想いで年下から慕われやすい性格でもあるので、孤独ということはありません。自分の世界を大切にしながら付き合っていける人たちを大切にしていきましょう。

不器用なところもありますが、努力と頑張りでは比肩という星は群を抜けて飛び抜けています。自分で打ち込むものをみつけて突き進むことができる環境があれば、これほど強い星はありませんので、自分が本当にやりたいことを見つけていきましょう。

【比肩にオススメの職業】

  • SEやプログラマーといった技術職
  • フリーランス業
  • 個人競技のアスリートやスポーツマン

【比肩の開運アクション】

  • 自分一人で過ごせる時間を確保する
  • 進む目標をしっかりと定める
  • 尊敬する人を見つける

劫財(ごうざい)/自立の星

目標を絶対に達成する強さを秘めた策士

キーワード【明確な目標を絶対に達成する強さがある、人に負けたくない、損得に敏感、策士、頭がいい、腹黒い、目標がないと迷う、ライバルの存在で成長する

劫財は自立の星ですが、自分の世界を作るというよりは、集団や仲間といった組織を作り、自分の欲しい物をを手に入れていくタイプです。

この星を持っている人は人を引きつける魅力や影響力、そして直感の鋭さや勝負強さも持ち合わせているので、経営者として活躍されている方も多いです。

そんな強烈な存在に思える劫財ですが、意外と第一印象は温和なイメージだったりします。というのも表向きはソフトに話つつ、内側に野心を秘めているからです。一見、人当たりがよく、誰でも受け入れるような、親しみやすい人にみえますが、それらも計算で行っていたりするしたたかさを持ち合わせています。

ライバルも多く出てきますが、そのライバルの存在が劫財の人の成長を促しますので失敗を恐れずにどんどんとチャンレンジしていきましょう。

他にも自分のメリットになる人とは必ず仲良くなる、さらに欲しい物があれば手段を選ばないところが、同じ自立の星である比肩とは違うところになります。こう聞くと少し薄情なイメージを持つかもしれませんが、劫財は身内意識は強くて面倒見もいいです。

また、劫財の人は腹黒いことを指摘されてしまい、「こんな自分だめだ」と抑え込んでしまっている人も多いです。ですが、そうするとせっかくの劫財の良さを活かすことができず、運気も下がってしまいます。ですので、まずは劫財という星をありのまま受け入れてみて、星を活用するようにしてみてください。

アウトロー感のある星ですが良い人間関係を築くことで、どんどんと躍進していけるので、誠意を尽くしながら目標に進んでみてください。

【劫財にオススメの職業】

  • 営業職
  • 変化のスピードがあるIT業界
  • 不動産関係
  • ベンチャー企業

【劫財の開運アクション】

  • 目標に向かって突き進む
  • スピード感のある勝負事
  • 身近な人を大切にする

食神(しょくしん)/遊びの星(表現の星)

明るく人から好かれる人気者

キーワード【食べる、寝る、遊ぶを大切にする、ムードメーカー、子どもっぽい部分がある、天真爛漫で人気者、話すことが上手、駆け引きが苦手、飽きっぽいところがある

食神は遊びの星(表現の星)です。遊び心が旺盛で、自分の願望や持っているものをそのまま表現しようとすることもあり、多芸で多趣味です。

食神は通変星のなかで唯一「神」という言葉が入っています。そのため、他の星より恵まれている星だとも言われています。何もしなくても人に好かれたり自然と人が集まってきたりする人は食神を持っている可能性が高いです。そして衣食住や寿命、健康を司るため、福々しい感じがあります。

食神の人は楽観的でストレート、男女ともにやさしい人であることが多く、癒やし系だといわれます。自分のありのままで接してくれるところに人は好かれます。

また、「食神」は、子どもの星ですから、持っていると子宝に恵まれやすいといった特徴もあります。ただ、反対に大人にになっても幼さが残っていたり、依存しがちだったり、飽きっぽかったりして、周囲を振り回すこともあります。そんな困った一面がもありますが、人に恵まれているので、困ったときには誰となく助けてもらえる人です。

食神を持っている人は口にまつわること、料理、歌、トークなどに興味、才能があります。そんな食神ですが基本的には、遊ぶことが大好きで、なまけやすい体質だったりします。何かを決断することも苦手なので、頼りになる人の意見など参考になります。

【食神にオススメの職業】

  • 料理人など食にまつわる仕事
  • アナウンサーやセミナー講師など話をする仕事
  • サービス業

【食神の開運アクション】

  • 美味しいものを食べる
  • 仲がいい人とのおしゃべり
  • 自分へのご褒美

傷官(しょうかん)/遊びの星(表現の星)

ミステリアスな孤高のアーティスト

キーワード【芸術に興味関心が強い、美しい世界感が大切、直感が鋭い、本質を見抜く、センス抜群、ロマンチスト、毒舌なところがある、傷つきやすい、女性は美人な人が多い】

傷官は遊びの星(表現の星)で、食神と同じく子供を表す星ですが、食神よりももう少し上の年代の子供というイメージがあります。また遊びよりも表現の要素のほうが強く、創造的な才能を秘めています。

ということもあり傷官は美意識の高い星です。本人がスマートな印象を与えるといった意味でもそうですし、芸術に対しても明るく、アーティストとして活躍することができる大きな可能性を秘めています。頭の回転も早く、社会で通用する資格を取得していることも多いです。

ただ理想が高く、好き嫌いも激しいところもあるため、毒舌だと思われてしまうこともあります。意見を言うときは喋り方を柔らかくすると相手に聞き入れてもらいやすくなります。

また思ったことを吐き出さずにはいられないですが、そのエネルギーを音楽や美術、文章などのクリエイティブの創作パワーに変えていくことで、発散することができます。そうすることでも人との摩擦も減っていきます。クリエイティブ以外でもそれを仕事に活かすなら交渉役としても活躍することが期待できます。他の人が日和ってしまい言いづらいことでも、論理的にビシッと言える存在はありがたいものです。

そういった特性の星なので、人間関係はどうしても広く誰とでも仲良くとはいきづらいです。けれども、傷官を持つあなたを理解してくれる人、受け止めてくれる人は必ずいますので、狭く深くでもそういった関係を大切にすることが生涯の宝になっていきます。

【傷官にオススメの職業】

  • アーティストやデザイナー
  • 評論家
  • 文章を書く仕事

【傷官の開運アクション】

  • 美術館めぐりなど美しいものを見る
  • ネイルなどオシャレを身にまとう
  • クリエイティブなことを行う

偏財(へんざい)/人脈の星(財の星)

フレンドリーでサービス精神旺盛な商人

キーワード【人脈が豊富、フレンドリー、人と関わることが好き、ノリが良い、気が利く、断るのが苦手、貯金が苦手】

財の星、偏財です。回転財と呼ばれ、お金を貯めるよりは使ってお金を回すことで(特に人のためにお金を使うと)運気があがる星です。そして偏財はお金だけではなく人脈についても恵まれます。フレンドリーな雰囲気が人をひきつけ、誰に対しても親切に接することができる、それが次のビジネスへとつながっていきます。

お金のかけかたも上手く、ロングスパンで自分の利益になることを望み、そのための経費としてお金を使うことができるので、他の人からみても嫌らしく感じづらいです。

交渉事も上手で、なるべく自分が損することを避けるので、そういった面からみても商人として成功する星だといえますね。

そんな偏財は商売ごとであればどんな仕事でも上手くやることができます。サービス精神が旺盛で、お金を稼ぐ嗅覚に鋭い偏財は商売やどんな時代であっても利益を生み出してくれます。反対に利益を求めないような仕事であると、本人のやる気もでなくなります。

お金を稼ぐのが非常に上手な偏財ですが、その場の流れで動いてしまうこともあるので、余計な出費やその場しのぎで終わってしまうこともあります。また、お金の使い方が派手な場合も多いので、誰か他に管理してくれる人がいると収支のバランスが悪くならずに済みます。

【偏財にオススメの職業】

  • 商売ごと全般
  • マーケティング系の職業
  • 金融関係の仕事

【偏財の開運アクション】

  • 食事会やイベントなどを開催
  • お金を使う
  • 新しい人と出会う

正財(せいざい)/人脈の星(財の星)

真面目でコツコツと積み上げる銀行員

キーワード【真面目、コツコツと積み上げることが得意、モノを大切にする、誠実で嘘をつかない、家庭的、思慮深い、お金の不安を感じやすい】

正財はその名の通り財の星です。偏財と違い、正財の財は固定資産や貯蓄といった意味合いが強くなります。ですので正財の星を持つ人はお金を少しずつ貯めることが得意です。

そして温厚で堅実な性格をしている人が多く、嘘をついたりせず誠実な人柄でもあります。その人柄から、上司や先輩といった目上の人から信頼も厚く、気に入られやすいタイプです。コツコツとした正財は仕事でも恋愛でも一つの物事や一人の人にのめり込みやすく、狭く深くそして長く継続していく傾向もあります。他の星と比べると決して目立つ人ではありませんが、一途にひたむきに頑張る姿から自然と人が集まり、人気者になっていくというケースもよくあります。

それと「正財」を持っている人は男性でも女性でも誠実さがでるので、結婚を考えたときに相手の両親からは及第点をもらえるタイプです。特に女性は良妻賢母としても上手く家庭を回すことができます。

正財は同じ財の星の偏財よりもリスク管理の面が強く、冒険をすることはあまりありません。今あるものを守り大きくしていくことを大事にします。

他には正財はお金の不安を感じやすいといった特徴もあります。ただ、本人は意外と貯金をしていて、外から見るとお金持っている場合も多いです。これは正財の人が目標としている貯金額との差があることで不安に感じてしまうので、どのペースでお金をためていけば目標額に到達できるというのを一度見直してみて、そのペースを守るようにすると不安を感じなくなります。

【正財にオススメの職業】

  • 銀行員
  • 安定している企業
  • 営業職

【正財の開運アクション】

  • 貯金をする
  • たまに甘える
  • 自分の好きな人とおしゃべりをする

偏官(へんかん)/行動の星(官の星)

エネルギーに溢れとても頼りになるリーダー

キーワード【親分肌・姐御肌、面倒見が良い、エネルギッシュ、行動的、セールス上手、考えるよりも行動が先、直感が鋭い、運動神経が抜群】

行動の星、偏官はとてもエネルギッシュな星です。実行力は他の星と比べても抜群に高く、その激しいエネルギーをどうやって使いこなしていくかによって、人生を上手くいくかが変わってきます。

運動神経も抜群で、闘争心も強く、サッカー選手に多い星だとも言われています。頭で考えるよりも鋭い直感を活かして即行動。あらゆる場面で物おじしないので、スケールの大きな人だと周りから思われます。また、情け深いところもあるので、後輩や困っている人の相談に乗ることもあって親分肌、姉御肌と慕われる人も多いです。思ったことがすぐ表情や行動に出ますから、裏表はなく正直で、とてもわかりやすい人でもあります。

そんな偏官ですが、短気な面があるので、そのせいで損をすることがあります。また、自己犠牲の精神が強い人も多く、他の人が避けるようなことも進んでやったり、損をすると分かっていることをしたり、割りに合わないような行動を選ぶ傾向もあります。それが立派に見えて慕う人も増えていきますが、積み重なっていくと傷つき疲れてしまうといったことになっていきますので注意しましょう。

偏官はエネルギーが強い星なので、そのエネルギーに持て余してしまうと、周りと衝突してしまったり、つい乱暴なことに手をだしてしまうといったこともあります。上手くコントロールすれば、非常に頼もしいリーダーのような立ち位置で成功することもできます。特に比肩と合わせて持っている人は何でも良いのでスポーツをしてエネルギーを発散するようにしましょう。

【偏官にオススメの職業】

  • チームプレーのスポーツ選手
  • ディレクターやチームを監督する立場
  • スケールの大きい仕事(大企業相手の営業や一大イベント運営)

【偏官の開運アクション】

  • スポーツをする
  • 新しいことに挑戦
  • まとめ役、仕切り役として行動する

正官(せいかん)/行動の星(官の星)

ルールを重んじるしっかりものの優等生

キーワード【責任感がある、上下関係のある世界で活躍、正義感が強い、社会貢献、時間に正確、仕事に対する意識が高い、プライドが高く世間体を気にする】

行動の星の正官は品性があり、真面目で責任感がある星です。礼儀正しくあいさつしたり、約束の時間は絶対に守ることから、社会人としての信用度は抜群に高いのが正官であり、社員として雇い入れるのであれば正官が持ってる人が良いとまで言われるほどです。

誠実で落ち着いた正官は職業運として当然良く、目上の人や上司からも気に入られて、出世していきますし、周りの人からもそれは当然だと尊敬されるようになります。まさに優等生な正官は、ルールや約束をとても大切にします。そのためルール違反や約束を違えられるのは正官にとって許せないことです。ちょっとしたルール違反であってもやられると付き合いを考えるので他の星よりも堅苦しいという印象を持つかもしれません。社会貢献にも興味があるので、正官を持っている人はボランティアや募金などをしていくのも良いです。

そんなしっかりとした正官ですが、プライドが高く、人に頭を下げるのが苦手なタイプです。ですので、理不尽な要求をされるようなサービス業はやらないほうがよく、またある程度しっかりとした枠組みの組織内で働くことをよしとします。

優等生タイプな正官は、目上や上司、さらにその上の親や年長者といった人からの受けはとてもよく、引き立てられて伸びていきます。ただ、どうしても視野が狭くなりやすく世界が広がりづらいタイプであるので、自分の考えだけに固執せず、いろんな視点を想像しながら視野を広く持つことがより成功を高めてくれます。

【正財にオススメの職業】

  • 安定した会社の社員
  • 公務員
  • 営業職、サービス業以外

【正財の開運アクション】

  • 社会貢献
  • 褒めてもらう
  • ルールを決める

偏印(へんいん)/知性の星

常に新しいものを追い求める探求者

キーワード【企画・アイディア力がある、IT関係に強い、占いが得意、枠にはまらない、人と同じは嫌、新しいことが好き、海外に縁がある、飽きっぽい】

知性の星の偏印は、0から1を生み出すアイディアや企画力、音楽、ビジュアルといった方面での才能に恵まれている星です。学校以外の勉強というと分かりやすいかもしれません。

手に職をつけてフリーランスとして働く人には偏印を持った人が多く、個性的な人という言葉が似合います。ですので、組織や小さな枠組みの中では、偏印の良さを引き出せきれずにいることがあるので、自分が活躍できる環境を作ることが大切です。新しいものが好きな偏印にはルーチン作業は最も苦手とするものになります。飽きてしまったらもうお終いなので、常に変化や新しい情報にふれることができるところで働いていきましょう。

偏印は海外の意味も持つので、国内に限らず海外でのチャンスがあればそれは前向きに捉えて良いと考えます。ちなみに偏印を持つ人は占いが得意なので、興味があれば四柱推命でもタロットでも習ってみると役立つと思います。

自由奔放な偏印がずっと同じことにとらわれてしまうのは偏印にとって非常にマイナスです。ひと昔前では、組織として扱いづらく、持て余される才能と思われていたかもしれませんが、今ではネットも普及し、フリーランスとして働くひとも珍しくなくなりました。そして流行や情報の更新も早い現代では、偏印の持つ力や才能や個性はとても受け入れられやすく、活かせる方法はたくさんあります。ぜひ時代の流れに乗って活躍していきましょう。

【偏印にオススメの職業】

  • デザイナーや作曲
  • 占い師
  • 学者、研究職

【偏印の開運アクション】

  • 新しいことを学ぶ
  • 自分の感性に従う
  • 占い

印綬(いんじゅ)/知性の星

先生

キーワード【企画・アイディア力がある、IT関係に強い、占いが得意、枠にはまらない、人と同じは嫌、新しいことが好き、海外に縁がある、飽きっぽい】

印綬は知性の星で、学校の勉強といった方面に強い星になります。印綬を持っている人は高学歴で、学校卒業してからももっと勉強したいと思っていたり、大学卒業したらそのまま大学院に行く人、一度社会人になったけれどまた大学に入り直すなどする人も多いです。

また、学校以外だとセミナーなどにも積極的に参加して知識を増やす勤勉さがあります。同じ知性の星の偏印と違い、安定した環境にいることで力を発揮できます。なにかのアイディアから新しいものを生み出していくようなことは、偏印と違い苦手になりますが、そのかわりに今ある概念や、仕組みをさらに深め、精錬していったり、活用していくことには長けています。

どんなことでも理屈で話す面があるので、少し冷たいという印象を持たれる人もいますが、実は印綬は母親の星でもあります。ですので、母性本能が高いところがあり、本質的には愛情が深く、やさしさを秘めている母性的な一面があります。ついつい人の面倒をみてしまいますし、とくに子供のことは優しく包み込んで育ててくれます。

そんな印綬の人は先生やインストラクターといった仕事があっています。教えるということに関してはとても適正が高いので、普通の会社員だとしても新人の教育担当などをするとしっかりとした人材に育ててくれたりします。本人も失敗からしっかりと学べるタイプなので、安定した企業であれば着実に評価され成功を目指すことができるでしょう。

【偏印にオススメの職業】

  • インストラクター
  • 学校の先生
  • 弁護士や税理士などの国家資格のある職業

【偏印の開運アクション】

  • 新しいことを学ぶ
  • 自分の感性に従う
  • 占い

4.あなたの行動パターンが分かる!十二運星を見てみよう

 

続いて十二運星の星を見ていきます。その名の通り12個存在しています。人間の一生を表すもの。中には病や死、絶といった怖い言葉がありますが、これがあるから駄目ということは一切ありませんので安心してくださいね。

長生

勉強熱心、オシャレさん、しっかりもの、おだやか、他人から信用される、争いごとがきらい、おっちょこちょいなところがある、正解を気にする

沐浴

ロマンチスト、海外、自由な生活、恋愛・エロス、芸能芸術、本能のまま、結婚願望が薄い

冠帯

外で活躍する人、華やか、社交性、独立精神、負けず嫌い、嫉妬されやすい、一言多い、女性を対象にして成功

建禄

努力家、休みなく前進、人に応援される、弱みをみせない、用心深い、結果主義、安定的成功

帝王

カリスマ性がある、わがまま、引きが強い、トップをとりたい、引きが強い、良い悪いの差が激しい、ギャンブル好き

長老的役割、古いものを好む(伝統)、保守的のため少し否定的なところがある、達観している、若い人でも落ち着いている

夢見がち、芸術好き、イマジネーション得意、現実離れ、実行力に乏しい、発想豊か、勝負勘が強い、

スピリチュアル、ドM、霊感がある、ストイック、ドライ、哲学が好き

お金にシビア、モノが捨てられない、収集グセがある、探求熱心、凝り性

天才でつきぬける、普通はつまらない、ムラがある、気分屋、精神的孤独

多芸多才、色々やりたい(多趣味)、器用、変化を好む、飽きっぽい、流行をつかむ

素直で愛されキャラ、承認欲求が強い、年上から引き立てをうける、ユーモアがある

5.あなたは外向派?内向派?運勢エネルギーを見てみよう

 

先程の十二運星は一つ一つにエネルギーが割り振られています。十二運星は1つの命式に3つあるので、3つのエネルギー合計をみます。その数値いによって身強(みきょう)身弱(みじゃく)普通に分けることができます。このエネルギー量は高いから良い、低いから悪いということはなく、タイプの違いになります。

運勢エネルギーが10以下【身弱:スペシャストタイプ】

自分の内側に向き合って一つのことに集中することが得意。アーティスト、芸術家、研究職など感性を必要とする仕事が向いている。

運勢エネルギーが15前後【普通:バランサータイプ】

俯瞰して物事を捉えることが得意で人からの信頼を得やすいタイプ。組織の中で調和を取る役割が向いている。

運勢エネルギーが20以上【身強:ジェネラリストタイプ】

好奇心とチャレンジ精神が旺盛。自分が主役になれる環境で精力的に活動することが向いている。

命式が分かったらそれを活かしてみよう

ここまで四柱推命の命式の出し方と見方についてかいつまんで見てきましたがどうでしたでしょうか?自分の命式を見て、「当たってる」「当たってない」「思った通りだった」「意外な結果だった」などそれぞれ色んな感想があるかと思います。少しでも四柱推命について興味を持ってもらえたり、楽しんでもらえたのならよかったです。

ただ、せっかく出して読んだ命式をそのままにしておくのはもったいないです!四柱推命の良いところは自分の命式と星を見て、そこからどうしたら自分が幸せな人生を歩むことができるのかが分かるということです。

これを命式にある星を活かすといいますが、例えば人生のテーマが冬で印綬の星を持っているのに全く勉強をしていなかったら、星を活かせていないということになります。するとその人にとっては勉強をすることで輝けたはずの能力が発揮されず、運気も下がってしまいます。

特に今いる環境が原因で星を活かせていない場合は、すぐにでも環境を変えることに取り組んでもらいたいです。活かせないまま生きていくことは、本当に自分がやりたいこと、やったら嬉しいことを封印しつづけることになるので、不安や窮屈感、悩みがつきないことになります。ぜひ一度きりの人生を自分らしく生きるためにも自分の命式を活かすように見直してみてください!

ここまで読んでいただきありがとうございました!竜仙でした!