W不倫中です。不倫相手の男性とこのまま関係を続けてよいのでしょうか?|四柱推命でお悩み相談

お名前:あるさん

今悩んでいること、相談したいこと

不倫相手の男性とこのまま関係を続けてよいのか悩んでいます。

世間で言うW不倫です。
彼は奥さんに不倫の事実を伏せた上で離婚を要求しましたが奥さんにばれてしまいました。
彼は、「いつか必ず迎えに行く」と言っていましたが、一緒になったとしても金銭面でいつか必ず揉めるからと言って、離婚を諦めています。
奥さんにバレた後もやっぱり好きで水面下でズルズル関係を続けていました。でも、一緒になれないのに関係を続ける意味がわからなくなり、お別れを告げましたが、その後も彼から連絡が来続け、結局元に戻ってしまいました。
仮に一緒になれることがあっても、幸せになれない可能性の方が高いことは頭では分かっているんですがもしかしたらと希望を捨てきれない自分がいます。
このまま関係を続けて一緒になれるのであれば、正直待ちたい気持ちはあります。私はこのまま待っていてもいいのでしょうか。

将来の夢ややりたいこと

彼と一緒になれるのであればなりたいです。

今の現状

夫は私の不倫のことは知りません。イライラすることもありますが、家事や子育てにも協力的で感謝してます。そんな夫を裏切っていることに罪悪感がありますが、彼のことが好きで、気持ちがぐちゃぐちゃです。

あるさんご相談ありがとうございました。

ご相談いただきました内容について鑑定いたしましたのでお送りさせていただきますね。

「離婚ができない彼のことを待ち続けて良いのか」のご相談ですね。

彼のことを好きな気持ち、このまま待っていても良いのかという不安な気持ち、さまざまお持ちのなかで、悩まれてとても辛く苦しいことだったと思います。

勇気を出して一度別れを決断されたけれども、また元の関係にもどったお二人がこれから先どうしていけばいいのか、一緒に考えていきましょうね。

まずはあるさんと彼、そしてあるさんと旦那さんの相性を見ていきます。

あるさんと彼の相性ですが、珍しいくらいに良い相性です。それこそ出会うタイミングや関係性が違っていたら文句なしの幸せな夫婦になれていたのだろうなというくらいです。

反対に今の旦那さんとは正直なところ相性としては可もなく不可もなくといった具合です。夫婦生活が破綻するということは全然ありませんが、お互いに一緒に暮らしていて噛み合わない部分や、目につく部分などが見えてしまうことでしょう。

あるさんとお二人との相性については、これくらい違うものになっているので、あるさんから見て、彼のことがどうしても好きで、一度別れを切り出したにも関わらず、また元の関係に戻ってしまったのも仕方ないことだと思います。

あるさんと彼の相性から言えば、将来的な希望がさえあれば、彼のことを待ち続けるという選択もありだとは思いますが、そうはいっても時間には限りがあります。

彼と一緒になるためには、

・彼が離婚成立をして、なおかつ経済的にも問題のない生活を送れるか。
・あるさん自身も今の旦那さんと別れることができるのか。

といった部分が大きなハードルであります。

そちらを踏まえて、今後どうしていけばいいのかを考えていきます。

あるさん、彼、旦那さん、全員の運気の流れと命式をみた結論としては、『期限付きで今の関係を続けて決断をする』ことが一番だと思いました。

具体的には、2023年中までに『彼が経済的問題を解消して離婚成立を行う』ことを条件に、彼を待ち続けるということですね。

なぜ2023年なのかというと、あるさんの運気が関わってきます。


今のあるさんは実は運気が良い時期にあります。大まかにみると12年の区切りで運気が一巡するのですが、そのなかで一番良い時期が2022年なのです。

それでこの良い時期というのが2023年まで続くのですが、続く2024年から2026年というのは、天中殺という時期に入っていきます。

天中殺はもしかしたら言葉だけ聞いたことがあるかもしれません。天中殺の時期は良いことも悪いことも際限なく起こる、運気が不安定な時期とざっくりとらえてもらえればと思いますが、この天中殺の時期にいわゆる不倫だとか今までひた隠しにしてきたものが明るみにでることが多いです。

今、あるさんの旦那さんは、あるさんが不倫されていることはご存知ないということでしたが、2024年からの時期が一番バレてしまう危険性がある時期だといえます。

ですので、今の関係を続けるのであったとしても、2023年までにしないと状況はさらに悪くなってしまう可能性が高いです。

リスクの面だけでいうと旦那さんに新しい流れがくる飛躍の時期が2023年なので、2023年も実はちょっと危ないんですよね。

彼自身も今年までが運気の良い時期なので、急ぐとするなら今年中に目処をつけたい問題になります。時間が経つほどに、取り巻く状況が悪くなり、取り返しがつかなくなってしまいます。

少し脅すような形になってしまい申し訳ありません。
ただ、時間的な猶予はあまりないということは言えます。

もし、どうしても長く彼を待ちたいのであれば、天中殺があける2026年まで、彼との接触を一旦断ってしまうことです。

旦那さんの命式の話になりますが、旦那さんの結婚観を表す部分に印綬(いんじゅ)という知識の星があります。印綬を持つ男性は、世間体を気にする方が多く、離婚という話ができたら強く反対されることでしょう。

さらにあるさんの不倫がバレてしまうと、有責配偶者からの離婚請求は認められないので(条件によってはいけますが)旦那さんが頑なに離婚を拒否することが想像できます。

そうなると、彼の奥さんが離婚を許諾しなければならないに加えて、あるさんの旦那さんも離婚を許諾しなければならないといった感じで今ある問題が2倍になってしまいます。

それから旦那さんにはさきほど知識の星の印綬があるとお伝えしましたが、それを3つ持ってらっしゃいます。ですので、知識量としては相当あると思いますし、十二運星の部分で死という星を2つ持っています。

死という言葉なので悪いように聞こえますが、あくまで人間の一生を用いて特性や行動方針を当てはめているだけなので、悪い言葉がある=ダメということではないので安心してください。

死の星は直感力がある、嘘を見抜く力に優れているという星になります。
他にも頭の回転が良い傷官(しょうかん)があり、本質である日柱の干支には己丑(つちのとうし)という表面上とは裏腹に内面で様々な思惑をもつ星になります。

なので可能性の話にはなりますが、あるさんの不倫については、現状でもなにか感じていることがあるかもしれません。それを表に出さないのは、明るみにしたことによるリスク(旦那さんにとっては離婚)を避けたいことや一番プライベートにある食神(しょくじん)の愛嬌、朗らかさでカバーされていることも考えられます。

あるさんにとっては意外かもしれませんが、旦那さんの動向はかなり気をつけたほうがよいところになります。

ですので、彼を長く待ち続けるのであれば、彼の準備が整うまで状況を悪くさせないように、接触をなくすことが必要になってきます。

そして彼自身のことについてもお話していきます。

今回の問題で一番頑張らなければならない彼ですが、彼は大きな問題に対して、先延ばしにしたり濁したりすることがある点が気にかかりました。

彼の本質を表す丙申(ひのえさる)は陽気で大らかな性格の持ち主です。話し上手で魅力的な人なので、いつも周りに人が集まるような方です。いつも楽しくがモットーでもあり、現状に満足してしまうと新しいことになかなか挑戦しないという面もあります。

ですので、あるさんとの今の関係のままでもいいと彼が思ってしまうと、現状維持に努めてしまう傾向があります。

またプライベートや恋愛を表す日柱が偏財(へんざい)と病(びょう)という星になります。

偏財は人脈の星といわれる星で、気遣いが上手い方になります。フレンドリーさや親切さもあるので、周りの人への配慮を常にしているような人になります。なので彼は奥さんの方にもある程度は良いこと言っていることもありそうです。

病についてはロマンチストで想像力が豊かな星になります。反面、あれこれと夢想はするのですが、それを実現しないことも多いので、どれだけ彼があるさんとの生活のために必死に動けるのかがポイントになってきます。

ただやりたいことをやり遂げる劫財と帝旺という非常に強い星の組み合わせもあるので、彼自身が本気でこの問題に取り組んでくれたら、解決の糸口は自ずと見えてくると考えられます。

ですので、あるさんが彼と一緒になるためにやるべきことは、彼を本気にさせることが一番になってきます。

彼を本気にさせるために

『2023年までに離婚を成立できなければ別れる』

もしくは

『彼が離婚してあるさんを迎えにきてくれる準備が済むまで一切の接触を断つ』

このどちらかが、あるさんの将来を考えたときに良い選択になるかと思います。

もちろんどちらもあるさんにとっては非常に辛い、苦渋の決断になってしまいます。
けれども現状維持を選択してしまうと、今は良いのですが、将来、大きな後悔につながっていってしまいます。