接客業のお仕事での独立について必要なものについて|四柱推命でお悩み相談

お名前:かなさん

今悩んでいること、相談したいこと

2年ほど鬱で療養したのち、社会復帰の一歩として歩合制の接客業に就いております。
ゆくゆくは独立をと考えていますが、実力が伴っていくのか、それには何が必要か、またそれまでの金運についても気になっております。

将来の夢ややりたいこと

現在の仕事で独立し、社会復帰すること。

今の現状

3日働くと1日寝込んでしまうような、一進一退の状態を繰り返しています。
昨年鬱が理由で自己破産もしており、結果的にはよかったのですが同性パートナーと同棲するかたちで暮らしております。
経済的に自立をしたいと考えているので、仕事への適性や上向く時期などがあれば教えていただけるとありがたいです。

かなさんご相談ありがとうございました。

接客業のお仕事での独立について必要なもの、また金運についてのご相談ですね。

一度精神的に崩されてしまったとのことで、とてもご苦労をされたことだと思います。

けれどもそこから経済的な自立を目指し努力される、かなさんのひたむきさと意思を強く感じました。

今のお仕事を独立までどうしていけばいいのかを四柱推命を用いて一緒に考えていきますのでご安心ください。


それではまずはかなさんの命式を見ていきます。

ここからご自身の本質や強みに焦点を合わせ、今の接客のお仕事でどうすれば独立までいけるかお伝えしますね。

最初に見るのは、かなさんの一番土台になる部分です。

日柱の干支と書かれているところですね。
かなさんは丙子(ひのえね)になります。

丙(ひのえ)は自然界で表すと太陽のことを指し、子(ね)はねずみ年の子になります。

丙を持つ人は、人を惹きつけるカリスマ性があり、物事の中心人物になりやすい特徴があります。
また、相手の望んでいること、要望や希望を汲み取るのも上手いです。

そこに子の要素が加わると、純粋で素直、そして笑顔が印象的な明るい性格になります。

まさに太陽のような女性だといえますが、バイタリティ面が少し弱く、プライドの高さでそれを補おうとするところがあります。

ですので例えば人からのお願いなどで、かなさんが無理をして応えようとしてしまうと、体調面が崩れてしまいがちになってしまうので、注意するべきポイントになりますね。

また子は冬の季節を司る動物でもあります。
冬には「勉強」という人生のテーマが存在しており、何事においても、下調べや勉強をすることが開運につながることになります。

それではここからは本質にプラスして出てくる、かなさんの適正や特徴についてお伝えしていきます。

命式の通変星と書かれている部分になります。

仕事面で一番影響がでるのが、月柱の蔵干通変星の部分になります。

かなさんは食神(しょくじん)ですね。

食神は遊びや表現の星に属する星です。
仕事なのに遊びはどうなんだろうと思われるかもしれませんが、現在かなさんがやられている接客業という点においては、非常に向いている星だといえます。

というのも食神を持つ人はムードメーカーなところがあり、持ち前の明るさと大らかさから、さまざまな人から好かれる人になります。

ですので、接客業であれば、かなさん本来の良さをそのまま出すことで成功につながっていきます。

反対に結果主義、実力主義なだけの職種であるとあまり持ち味を出せずに、上手くいかないということがあるので覚えておいてもらえればと思います。

他にも食神には、料理や美容(特にアンチエイジング)、話すことなどに適正が高いので、独立される場合は、そういった要素もサービス内に取り入れるとより成功しやすくなります。

また同じく仕事に関係するところで同じく月柱に比肩(ひけん)があります。
比肩は自立の星の1つで、自分の力で物事を成し遂げる強い星の一つです。

比肩の星を活かすためには、しっかりとした目標を立ててそこに向かって努力していくことが大切です。

また、比肩の持つ特徴として自分の意見をしっかりと持つというのもあります。
一本気が通っていると言えますが、反面、間違えていてもそのまま突き進んでしまう恐れもあります。

比肩の人は自分が尊敬する人の言葉を素直に受け入れられるので、何か仕事面で相談をされるなら、その道の先輩などにお話を聞くと良いでしょう。

他にかなさんが持っている星は正官(せいかん)と偏官(へんかん)で、どちらも行動の星に属しています。

正官は礼儀正しく、真面目な特徴を持つ星です。食神がおおらかで少し時間にルーズな面がありますが、かなさんの場合は正官も合わせて持っているので、力を抜きすぎず適度に緊張感を持ちながら仕事ができるはずです。

また偏官は行動力、スピード感がある星になります。また人を動かすことにも適正があるので、将来、独立をされた際に、人手として誰かを雇ったとしても上手に管理することができます。

それとかなさんは比肩と偏官の両方を持ってらっしゃるので、日頃からスポーツを行うようにすることをオススメします。

というのも、比肩も偏官も両方ともエネルギーの強い星になります。

このエネルギーをうまく発散されていればいいのですが、もし持て余してしまうなことになりますと、身近な人に向けて攻撃的になってしまう恐れがあります。

ですので、スポーツを行い、強いエネルギーを適度に発散することでパートナーさんとも良好な関係を続けていくことができます。

もちろん体調面のこともありますので、あまり無茶をしてはいけませんが、軽い運動からでも日々の日課にされると良いでしょう。
運動には停滞した運を動かすという効果もありますのでぜひ試してみてください。

続いて十二運星の部分を見ていきます。

ここでは将来の独立に向けて、結構重要なことがをお伝えしていきますので、意識して読んでもらえればと思います。

まずは年柱にある絶(ぜつ)。
絶はカリスマの星と呼ばれる十二運星のなかでも特殊な星になります。

絶そのままだと扱いが難しい星ですが、絶の裏の星である建禄の要素を出すと運勢のエネルギーも増え、仕事や生活でも良い方向に進んでいきます。

裏の星をどう活かすのかというと「休みなく努力をする」ということになります。
休みなく努力といっても無理をし続けることではなく、出来ることからでもいいので継続をしていくという意識を持ってもらうと良いですね。

かなさんは先述しましたように人生のテーマが勉強となるので、今のお仕事にかかわることや活かせそうなことを1日たった5分だけでも、ネットで調べたり、本を読むなどしていくところからはじめて見るのはいかがでしょうか。

努力を絶やさないということはなかなかに大変ですが、それだけのことを積み重ねた結果、大きな成功につながっていきます。

絶は裏の星である建禄を活かす。そのために努力を続けることを忘れないでください。

また、年柱に絶があるので、もし今、お住まいの場所が「生まれ育った土地」であれば、そこから離れたほうが良いです。
年柱絶の人が生まれ育った土地にいると運気の流れが悪いまま過ごすことになります。

それと、かなさんは生日中殺という特殊な星回りを持っています。
不躾な質問となってしまいますが、もしかしてあまり親御さんとも上手な関係が築けなかったりしませんか?

生日中殺があると親から子供のことを理解できないという場合が多く、そこも含めて生まれ育った土地、特にご実家からは距離を置いたほうが良いということになります。

絶については長くなりましたが以上になります。

そして冠帯(かんたい)
別名女王様の星と呼ばれる冠帯は華やかさを好む星です。
十二運星の中でも強い星の一つで、「女性を対象にした仕事で成功」するという特徴もあります。
こちらも将来の独立に向けて取り入れられそうでしたら意識してもらえればと思います。

また、先程華やかさを好むとお伝えしましたが、逆に地味に過ごしてしまうと運気が落ちてきてしまいます。

かなさんは丙で太陽でもあるので、自分に注目が集まるように華やかにいきましょう。

最後胎(たい)ですが、これは多趣味、多芸多才の星になります。
胎を持っている人はいろんなことをやってみることが大切で、むしろやらずに我慢していると運気が下がってしまいます。

実はかなさんはもう一つ宿命大半会という特殊な星回りをもっています。
この場で紹介したのは宿命大半会にもやりたいことが複数あれば全部やっていいという特殊な運勢だからです。

さらに胎も裏の星があり、帝旺と呼ばれる十二運星のなかでも一番強い星になります。

帝旺は、わがままでも頑固でも自分のやりたいことをやることが一番星を活かせるので、総じてかなさんはやりたいと思ったことは素直にやって良い、むしろやるべきだといえます。

ここまでかなさんの本質や特性などについて見てきました。

ここからはかなさんの運気の流れを見ていき、独立に向けていつ動けばいいかを判断していきましょう。

命式の右側になります。

今年は青春の時期になりますね。

社会運と共に一番恋愛運として良い年なのですが、1点気になることがあります。

それは去年が休息の時期と呼ばれる充電期間、体を休める時期だったのですが、2021年の間に無理などされていませんでしたか?

もしあまり休めていらっしゃらなかったら休息で休まるはずだったものが引きづられたまま2022年に入ってきてしまっている可能性があります。
ですので、今年は運気が良くてもあまり無茶をせずに過ごしてもらえればと思います。

そして直近でいうと2024年~2026年は、かなさんの運気が一番盛り上がる時期となります。
独立について行動を起こすであればこの3年間を目安にすると良いでしょう。

また、来年2023年は空転の時期といい、努力が空回りすることが出てきてしまうこともあります。
だからといって行動をしないという選択はせずに、成果が見えづらくてもひたむきに頑張ってもらう年になります。

空転の時期の失敗や上手くいかなかった経験というのは、その翌年からの絶好調の時期での成功につながるものとなります。

空転の時期に行動したことが無駄になってしまうということは決して無いのでチャレンジを継続していきましょう。

それから大運という部分になりますが、かなさんは36歳~46歳まで偏財が巡ってきます。

偏財は人脈の星と言われる星なので、交流会など出会いの機会を設けると、独立に向けて手助けをしてくれる人などと知り合える可能性が高くなります。

また、金運の話もありましたが、偏財がある間は回転財と呼ばれて貯蓄というよりも次のステップアップに向けてお金を使うような時期になります。

無駄遣いは避けていただいたほうがいいのは当たり前なのですが、プラスになることであればお金をかけて成果を得られるので参考にいただけたらと思います。