不成就日に新しいことを始めたら駄目ってホント?対策方法を解説!

あなたは不成就日をご存知ですか?

不成就日は『ふじょうじゅび』『ふじょうじゅにち』と読みますが、“成就”が”不”と書くので「何も叶わない日」とされる凶日です。不成就日に始めたことは上手くいかずに終わってしまうと言われ、契約ごとや新しい買い物などを避けたほうが良い日となります。

今回は不成就日にしてはいけないことや、もし何か始めてしまったらどうすればいいのかなど不成就日について徹底解説していきます。

不成就日はどういう日?

不成就日は陰陽道に基づく凶日で、『この日から始めた物事はすべて成就しない』と言われる悪い日、事を起こすことが凶とされる日です。思い立ったが吉日という言葉もありますが、不成就日に限っていえば良い案が思いついても実行する日は改めたほうが良いですね。

ただ、誤解したくないのが不成就日になったから悪いことが起きるかというとそういうことはありません。あくまで新しく始めたことが成就しないという日なので、落ち着いていつもどおりに過ごせば良いのです。不成就日の一番の対策は、大きなイベントごとを入れずに日常を過ごすことだといえますね。

不成就日に始めたことは本当に成就しないの?

不成就日は地方で独自に作られた暦である、会津暦を起源とされています。地方にのみ伝わるいわばマイナーな凶日ではありましたが、それが今でも不成就日が記載されているカレンダーがたくさん存在しています。不成就日自体に科学的な根拠があるわけではないのですが、それでも廃れずに現代まで残っていることから、気にする人が多い日だといえます。

もちろん不成就日に始めたことが1つも上手くいかないかといえば答えはNOです。不成就日は8日ごとに巡ってくるため、一ヶ月に3、4日は該当する日となります。それだけ頻繁に訪れる日なので、本当に全部が成就しないとは考えられませんね。

それでも験を担ぎたいと考える人も多いですし、後から知って気になったりするのであれば事前に不成就日がいつ来るかを知っておき、できる限り避けたほうが良いといえますね。

不成就日にしてはいけないことって何?

では不成就日には具体的にどういったことを避けたほうがいいのでしょうか。一般的には次のようなことがあげられます。

不成就日にしないほうがいいこと

  • 結婚
  • 新規開店
  • 子供の名付け
  • 引っ越し
  • 新規の契約事
  • 願い事
  • 新商品の発売
  • リフォームなど

特にブライダル業界や建築業界は縁起というものを気にする業界なので、わざわざ不成就日に式や着工日をいれたりはしないと思いますが、入籍のタイミングなどご自身の大切なイベントは、不成就日と重ならないようにしたいですね。また、不成就日には急に思いついたことを始めるのも良くないといわれてます。いいアイディアだと思ってもまずは1日寝かせてみて改めて採用するかを考えてみましょう。

2023年の不成就日はいつ?

不成就日は8日ごとに訪れます。意外と高い頻度で巡ってくるので、カレンダーに登録しておいて予定を調整していきましょう。

1月 5日(木)、13日(金)、21日(土)、24日(火)
2月 1日(水)、9日(木)、17日(金)、21日(火)
3月 1日(水)、9日(木)、17日(金)、23日(木)、31日(金)
4月 8日(土)、16日(日)、20日(木)、28日(金)
5月 6日(土)、14日(日)、23日(火)、31日(水)
6月 8日(木)、16日(金)、22日(木)、30日(金)
7月 8日(土)、16日(日)、23日(日)、31日(月)
8月 8日(火)、18日(金)、26日(土)
9月 3日(日)、11日(月)、16日(土)、24日(日)
10月 2日(月)、10日(火)、15日(日)、23日(月)、31日(火)
11月 8日(水)、16日(木)、24日(金)
12月 2日(土)、10日(日)、17日(日)、25日(月)

 

不成就日と吉日が被ったらどうしたらいいの?

不成就日は凶日ですが、その反対に吉日と呼ばれる縁起の良いもあります。吉日では一粒万倍日や天赦日などが有名ですね。では、不成就日と吉日、例えば一粒万倍日が重なったらどうすればいいのか悩んでしまいますよね。吉日も凶日もそれぞれに優劣があるとは考えられておらず、良い日と悪い日が重なったらプラスマイナスゼロで普通の日になると考えられています。

もし不成就日に新しいことを始めてしまったらどうしたらいいの・・・?

とはいえ、全てを暦に合せて行うというのは無理という人もいらっしゃると思います。中には不成就日だとは知らずに引っ越しの予定をいれてしまっていたり、大きな買い物をしてしまったということもあると思います。

そうした場合の対処法は、3つあります。

1つ目は、吉日に挽回する

不成就日は凶日ですが、その反対に吉日というものもあります。そして吉日のなかでも新しいことを始めるのに良いとされるのは天赦日(てんしゃび)と一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)です。 天赦日は、吉日のなかでも一番良い日だと言われこの日にスタートしたことはすべて叶うといわれています。天赦日に再スタートを切ったり、寺社で祈願することで、不成就日の悪い流れを打ち消すことができます。そんなすごい吉日ですが、年に5~6回しか訪れません。時期によっては次の天赦日まで1、2ヶ月後ということもあると思います。

その場合は一粒万倍日を利用すると良いです。この一粒万倍日も吉日とされ、少しの種まきからたくさんの実りを得る日で、新しいことを始めるにはピッタリの日になります。一粒万倍日は一ヶ月に数回あるので、気持ちを一新して新たにスタートしてみましょう。

ちなみに吉日と凶日が重なる場合は、それぞれの効果が打ち消し合うので普通の日と変わらないと考えられます。

2つ目は邪気を払うとされる食べ物を食べる

悪い運気を寄せ付けないものを食べるのも有効です。桃や生姜、よもぎなどが邪気を払うと有名ですが、一番オススメなのがお赤飯です。お赤飯というとお祝いごとに食べられるイメージがありますが、もともとは不幸が訪れないように食べられていました。

まず赤という色自体が魔除けの色として重宝されていました。他にも材料の小豆自体にも邪気を払う力があると言われており、メインのお米自体も神聖な食べ物です。お米は神様が好む食べ物といわれますね。ですのでお赤飯は使われている材料、色すべてが魔除けに効果のある食べ物になるわけです。

3つ目は気にしない

こういうと元も子もない気もしますが、1つ目と2つ目を行ったらあとは気にしないでいくのが一番良いです。というのも悪い結果を引きずっていると、より強くマイナスの出来事を引き寄せてしまいます。悪い予感ほどあたるというのはこれに近いですよね。

仕事にしても、趣味にしても、せっかく始めるならいいスタートを切りたいというのは誰でも思います。だから昔から日取りというのを気にしていき、ゲン担ぎを行っています。ですが、それに引っ張られすぎてチャンスを逃してしまったり、マイナス思考に陥って自ら失敗するのは非常にもったいないです。

吉日、凶日ですべてが決まることはありません。日付だけに囚われず、自分がどうしていきたいのか、目標や夢をしっかりと考えてもらって、それに向かって努力をすることが一番大切だといえますね。

 

それでもどうしても気になるという方へ

どうしても不成就日に行ったことが気になってしまいしょうがないという場合は、厄払いの寺社仏への参拝してみるのも1つの手段です。厄除け・厄払いで有名な神社は多くありますので、ご自宅の近くで探されるのも良いですし、機会があれば有名な神社に足を運ぶのも良いですね。一部ですが有名な厄除けの神社をご紹介いたしますので、参考にしてみてください。

  • 北海道神宮
  • 佐野厄除け大師
  • 西新井大師
  • 明治神宮
  • 神田明神
  • 小網神社
  • 八坂神社
  • 北野天満宮
  • 晴明神社

さいごに

今回は不成就日について解説をしてきました。不成就日は、新しく始めたことが何も成就しない日だとされており、結婚や大きな買い物、契約ごとなどするには不向きの日です。重要なことほど可能な限り予定を調整していき、普段通りの日常を過ごすと良いですね。不成就日は、悪いことが起きる日ではありませんので不安になりすぎず、もし不成就日に何か新しいことを始めてしまったとしても、心配しすぎずにしましょう。