占い師を選ぶ前に知っておきたい『3つの術』

タロット、ルーン、アストロダイス、占星術、易、四柱推命・・・
一口に占いといっても非常に沢山の占う方法があります。この占う方法を占術(せんじゅつ)と呼びます。一般的なイメージだと、占い師なら運勢でも彼の気持ちもなんでも占えそうですが、実は使う占術によって得意な相談も変わってきます。

今回は占い師を選ぶときのポイントとなる占術について解説していきます。

「沢山ある占いも3つに分類できる」

占いといえばタロットや占星術(星座占い)、四柱推命(動物占い)などが有名ですが、今紹介した以外にもたくさんの種類があります。ですが、ほぼすべての占いは大きく分けると命・卜・相(めい・ぼく・そう)という3種類の占いに分けられます。

命は命術(めいじゅつ)もしくは命占(めいせん)
卜は卜術(ぼくじゅつ)もしくは卜占(ぼくせん)
相は相術(そうじゅつ)もしくは相占(そうせん)

という呼び方をします。

それぞれ占い方や、得意な相談分野が違うので、自分が相談したい悩みは命卜相のどれに当てはまるのかを確認します。そして、それに当てはまる占術が得意な占い師を探すという順番で占い師を選ぶとより悩みが解消し、幸せを手にいれやすくなっていきます。

では命・卜・相がどういう占い方をして、どういう相談が得意かを見ていきましょう。

命術・命占とはどういう占い?

まず始めに、命術についてみていきましょう。命術は生年月日や出生時間から『生まれ持った性質』や『その人の性格・本質』『人と人との相性』を見ることに長けている占術です。生年月日などは生まれてから変わることがないので、いわゆる不変的なものを推し量ることに特化しています。

具体的には、運気の良い時期・悪い時期、罹りやすい病気、人との相性、適職や天職、本質といった相談に長けています。

結婚や出会いに適した時期を知ったり、関わりある人の本質を知ることで人間関係を好転させたりと、人生を生きやすくするためのポイントを知ることができます。また、自分に自信を持ちたい人や本当の自分らしさを手に入れたい人にもオススメの占術になります。

命術の占いには生年月日の他、出生時間や出生地、名前の画数などが必要になります。必要な情報が多いですが、生年月日だけでも占える場合もあるので占う前に確認してみましょう。

『命術に属する占術』
四柱推命、占星術、九星気学、紫微斗数、数秘術、算命学など

『得意な相談』
長期的な運勢、適職・天職、本質、性格、相性

卜術・卜占とはどういう占い?

卜術はカードやダイスなどの偶然性の結果から占う占術です。『直近の運勢』や『人の気持ち』『選択による吉凶』といったことを見ることができます。命術や相術と違い、占うのに必須な情報がないのも特徴です。人の性格や長期的な運命を見るのには適していませんが、移ろいやすいものを細かく見ていくことができるので、状況が進展したら再度占うことができるといったメリットがあります。

具体的には、彼の気持ちを知りたい、告白したら上手くいくか?、AとBどちらを取ったほうがいいかというような相談に向いており、特に身近な恋愛、仕事の悩みに関わる相談ごとに向いています。

『卜術に属する占術』
タロット、アストロダイス、オラクルカード、ルノルマン、易・断易、ルーン、ジオマンシー、ダウンジング、ホラリー占星術など

『得意な相談』
短期的な運勢、人の気持ちなど移ろいやすいものを知りたい、YES・NOで答えられる悩みなど

相術・相占とはどういう占い?

相術はモノの形から占う占術です。手相や姓名判断などが有名ですね。『将来の運勢』や『性格判断』『対象の吉凶』を見ていくことができます。

具体的には、名前をつける場合や家の購入を考えているときに見てもらうことが多いですね。また、相術の特徴としては、形を変えることで開運することができます。例えば、改名や家のレイアウト、メイクといった形で運気の流れを変えていくなどですね。

相術には正確な家の図面や鮮明な手の写真(オンラインの場合)など鑑定するのに必要なものがありますので準備をしてから鑑定に臨みましょう。

『卜術に属する占術』
姓名判断、手相、顔相、風水、家相など

『得意な相談』
中期的な運勢、性格、運気、開運、命名、引っ越し(物件購入)など

「スピリチュアルは命・卜・相のどれに当てはまるのか?」

ここまで命・卜・相それぞれの占術について解説をしてきましたが、霊感やオーラ、スピリチュアルによる鑑定はどれに当てはまるのでしょうか?これについては、占い方によって変わるため、一概には言えませんが、カードと併用して、卜術的な鑑定をされる方が多いです。

ですので、相手の気持ちや恋愛、仕事といった身近に起こる出来事についての相談に合っているといえます。また、情報がなくても占える場合も多いので、相手の現状などが分からないときはスピリチュアルの占いを選択するほうが良いですね。

ちなみに、引き寄せや縁切り、縁結び、ヒーリングなどを占いと同時に行う方もいらっしゃいますが、占いではないので、命・卜・相の三術には当てはまらないものとなります。

「命・卜・相」を組み合わせて占うこともできる

命・卜・相の占術と得意な相談について見てきました。それぞれに特徴や向き不向きがありますが、この三術を組み合わせて複合的に見てくれる占い師もいます。

例えば「良い人と出会いたい」という方がいらした場合

命術で相談者の方の性格に合う人を知り、
卜術で出会う時期を見て、
相術で良い出会いがある場所が分かる

といった感じです。

相談事が「子供の名付けで迷っている」など特定した内容のときは、該当する占術に特化している占い師を選ぶほうが良いですが、悩みが幅広くなりそうな場合は、命・卜・相の三術を持っている占い師を選ぶのがオススメですね。